マイホームは新築と中古で迷ってる?そんなあなたに新築一戸建ての基本を教えます!

新築一戸建てのマイホームがよいのか、それとも中古にしておくべきか迷う人は多いのではないでしょうか。まだだれも入居していない新築一戸建ては、外観も室内も綺麗です。それに新しく建てられた家なので、昔の家と比較すると耐震性にも優れています。またすぐにリフォームをしなくてはならない、ということにはならないのでしばらくは維持費も不要です。新築一戸建てに注文に応じて建てる注文住宅と、出来たものを買える建売住宅があります。

リフォームやメンテナンスの費用まで考えると中古住宅は新築一戸建てと大差がない

中古住宅は、新築一戸建てよりも価格が安いです。 同じ地域にある同じ広さの新築一戸建てより、圧倒的に安く購入できるので予算が厳しい人は、中古住宅を選びたくなるかもしれません。 しかしリフォームやメンテナンスなど、トータルでの費用を考えると、新築一戸建てより圧倒的に安いとは言えません。 中古住宅は、購入してもそのまま住む人はまれです。 トイレやお風呂、キッチンなどの水回りの設備は交換したいとものですし、フローリングやクロスの破損や汚れも気になるでしょう。 そのため中古住宅を購入したら水回りの設備を交換したり、フローリングやクロスのリフォームをしたりするのは一般的です。 また室内の見た目だけではなく、中古住宅は外壁や屋根、梁や柱も老朽化している可能性が高いです。 これらの部分もメンテナンスをする必要があるため、予想以上に費用が掛かるわけです。 ですからトータルでコストを比較したら、新築一戸建てとそれほど差がないわけです。

同じ住まいに長く住み続けるなら新築一戸建て

耐用年数の高さは、新築一戸建てならではのメリットです。 外観も躯体部分も老朽化していないので、メンテナンスさえしっかりしていれば、これから何十年先も暮らし続けることができます。 中古住宅なら、新築一戸建てのようにいきません。 建築から数年たっており、一戸建てによっては外観だけではなく、躯体部分も老朽化している可能性があります。 そのため購入した時点で寿命が近づいているので、長く住み続けることができません。 また寿命が短いだけではなく、住み続けるためにはメンテナンスもしなければいけません。 中古一戸建てはあちこちが老朽化しているため、メンテナンスにお金がかかります。 それに対して新築一戸建ては、当然新しいのでメンテナンスの必要性は低いです。 もちろんこれから先定期的にしていく必要はあるものの、回数や工事の内容は抑えられるので、一回の費用は比較的抑えることができます。 長く住める家を買うなら、中古よりも新築一戸建てです。

新築一戸建ては自己資金ゼロでも購入できる!

新築一戸建てを購入する場合は、それなりの自己資金がないとできないと考えている人が多いものです。しかし最近では住宅の購入促進のため、ハウスメーカーなどが独自に金融機関等と提携し、自己資金がなくても購入することができる仕組みを整えていることも少なくありません。 一般的に住宅ローンを組む場合には一定の資金を準備する必要があり、その全額を借り入れで済ませる事はできないものです。これは金融機関が様々な自らの基準のもとに住宅ローンを運用していることによるものですが、ハウスメーカー等の場合には独自に金融機関と提携することで、これらの条件を持たないものを用意することで販売の促進を行っているケースがあります。 家を買うときには、それなりの金額のお金を用意することが一般的です。なかなかまとまったお金を用意できないと言う場合や、様々な事情で家を購入することが必要な場合でも、これらの方法を利用することによって新築一戸建てを購入することができます。

新築一戸建ては住宅ローンも比較しよう!

新築一戸建てを購入する場合に住宅ローンを組む際には、各金融機関のローンの内容を比較し、少しでもお得に借りられるような所に申し込むようにしたいものです。 住宅ローンにおいて、金融機関の間で違いがあらわれやすいのは「金利」です。金利には大きく、固定型と変動型の2つのタイプがありますが、新築一戸建ての購入時には同じタイプ同士で比較をする必要があります。これは、一般的に変動型のほうが固定型より低めに利率が設定され、相場水準も低めになる傾向にあるためです。 また、実際に借りるときに適用される利率は基準金利より低くなります。このため、比較を行う際には基準値ではなく、実際に適用されうる利率で比較をしないと、選択を誤る可能性があります。 金利以外では、融資事務手数料やローン特約も比較の対象となり得ます。融資事務手数料にも、一定の金額が設定されるタイプと融資額の一定割合という形で金額が決められるタイプがあり、比べる時は同じ形態同士で行わなければなりません。ローン特約では、金融機関ごとに災害補償や疾病保障に特色があり、健康状態やライフプランと照らし合わせながら比べることが重要です。

価格だけで決めてはいけない!新築一戸建ては品質にも要注意!

新築一戸建てを購入するときに価格だけで決めてしまうと、損をする可能性があるので注意が必要になります。
品質にもこだわりを持つのが大切であり、新築一戸建ては安心して住める住まいを確保するのが大切になるはずです。
どんなに価格が安くても欠陥住宅を購入してしまうと大変なことになりますから、しっかりと安心して住める環境が用意されているところを利用するのが重要なことになります。
欠陥住宅は耐震性に問題があったり、不健康になってしまうような住宅が該当してきますから、そのような住宅は最初の段階で見抜かないといけないです。
価格が極端に安いなどの特徴がある場合は、何かしらの問題を抱えているリスクがありますから、しっかりと構造なども含めて確認をしておかないといけません。
新築一戸建てを購入するときに重要になるのが品質であることは当たり前のことですが、調べることができないと大変なことになるので、少しの手間でもかけるのが大切なことになるはずです。

20代後半から30代で購入する人が多い新築一戸建て

新築一戸建てを購入する年齢層で多いのは、20代後半から30代です。
なぜ20代後半から30代が多いのかというと、住宅ローンの影響です。
住宅ローンには完済時の年齢に制限があり、年を取ってから借りると返済期間が短くなります。
返済期間が短くなるとそれだけ毎月の負担が増えるので、生活にゆとりがありません。
しかし30代前半を中心とした年齢層なら、住宅ローンを35年で組むことができます。
35年の住宅ローンなら、ゆとりのある返済が可能です。
さらにある程度の自己資金を用意できるなら、毎月の返済額はさらに減らすことができます。
そして30代というのは、今後のライフプランが固まってくる時期です。
結婚をしたり子どもができたりして、将来の見通しも立てやすいでしょう。
将来も見通しが立てば新築一戸建ての購入を考える時期でもあるので、結果的に年齢層で一番多いと言えます。
30代を迎える時期が来たら、新築一戸建てを考えても良いかもしれません。

余裕のある返済額が新築一戸建ての生活にゆとりをもたらす秘訣

新築一戸建ての生活において余裕のある返済額を設定することは非常に重要です。
これにより将来的に起こり得る予期できるわけです。
返済金額を組む際には、自分たちの収支状況やライフスタイルにあわせて、無理のない範囲で組むことが大切です。
具体的には収入のうち返済額が占める割合が、負担とならない範囲内に収まるように設定することが望ましいでしょう。
返済期間も長すぎず短すぎず自分たちのライフプランにあわせて組むすることが重要です。
さらに返済金額を余裕をもって考えることで、将来的な予期せぬ出費や生活変化に対しても柔軟に対応できます。
たとえば子供の教育費や介護費用など、予期せぬ出費が発生した場合でも、余裕のある返済金額であれば、支払いに影響を与えることなく対応できます。
転勤や転職などの生活変化にも、余裕のある返済金額であれば対応しやすくなります。
余裕のある返済金額を設定することは、新築一戸建ての生活にゆとりをもたらす秘訣といえます。
自分たちのライフプランに合わせて返済金額を設定し、将来的な予期せぬ出費や生活変化にも対応できるように準備することが大切です。

新築一戸建ての値引き交渉はできるのか?

日米の金利差により円安傾向が進んだため物価高が進んでいます。
それは住宅業界も例外ではありません。
また日本銀行の一部政策変更により、住宅ローンにおける固定金利の上昇もすすんでいることから、今のうちに新築一戸建てを購入することを検討されている方も多いでしょう。
しかし、新築一戸建ては最低でも2000万円いじょうするものがほとんどで、本当に返済できるのか不安に感じがちです。
購入後の生活のためにも、購入時に値引き交渉をすることで初期費用を抑えることが大切です。
ただ、新築一戸建てにもかかわらず値引き交渉できるのと疑問に思われるでしょう。
実は条件にこだわらなければできます。
交渉が出来る物件の特徴として、既に完成している物件が挙げられます。
子のような不動産は、売主である不動産会社としては、いつまでも売れないと新築ではなくなるため早急に売りたがる傾向にあります。
その結果、交渉すれば、100万円以上値引いてくれる場合もあるのでお得です。

新築一戸建てではない!?新築と未入居物件の違いとは?

近年急激な円安に加えて、日本銀行の政策変更に伴い新築不動産価格及び固定金利の上昇が続いています。
そのためか新築住宅つまりマイホームを今のうちに購入しようと考えて、いろいろ情報収集している方も多いでしょう。
ところで、不動産に関する広告を見ていると「未入居物件」という文字を見たことはないでしょうか?勝手に新築一戸建てと考えている方要注意です。
実は新築一戸建てと未入居の不動産には明確な違いがあるのです。
そもそも新築とは建築後1年以内でかつ誰も住んだことがないことを指します。
つまり逆をいえば、未入居の建物は、建築されてから1年以上たつにもかかわらず誰も住んでいない、すなわち売れていない建物といえるのです。
未入居物件は、新築一戸建てよりも安価なため一見お得感がありますが、注意も必要です。
それは、売れ残り物件であることです。
通常人気のあるエリアの物件は完成前又は完成直後に売れます。
一方未入居不動産は1年以上売れていないわけですから、不人気エリア等の事情があることは覚悟しておくべきです。

新築一戸建ての購入前に必ず確認!災害リスクは知っておこう!

新築一戸建てを購入する際には、快適な生活環境だけでなく、災害リスクも確認しておくことが重要です。
まずその地域の自然災害について調べましょう。
台風や地震、洪水、土砂災害などその地域で発生しやすい自然災害を把握し、それに対する対策が適切に行われているかを確認することが大切です。
また、過去にその地域で発生した自然災害の被害状況も調べておくと良いでしょう。
次に建物自体の耐震性能も確認します。
耐震等級や耐震設計の基準に適合しているかどうかをチェックすることで、地震による被害を最小限に抑えることができます。
さらに周辺のインフラストラクチャーにも確認します。
道路や橋、水道や電気など、災害時に必要なインフラが適切に整備されているかどうかを確認することで、災害時の生活をスムーズに進めることができます。
以上のように新築一戸建てを購入する際には、快適性だけでなく災害リスクにも注意を払い、購入前にしっかりと確認することが重要です。

一流メーカーと小規模工務店の新築一戸建ての違いとは!?

これからマイホームに新築一戸建てを購入しようと考えている際に、一流メーカーと小規模の工務店、どちらに依頼すれば良いのか迷うことがあります。
違いを知ることで、自分の求めている家づくりに適している方が見えてくるかもしれません。
一流メーカーといえば、全国を対象エリアとして営業活動を行っている様な大手企業です。
各地に営業所や住宅展示場を設置しています。
一流メーカーの家づくりでは、どこで建てても同じ品質が求められるためプランや材料があらかじめ決められている場合も。
設計に多少制限はありますが品質の良さやブランドへの信頼があるため家づくりに安心感を求める方に選ばれています。
小規模工務店は一律の品質が求められる訳ではないため設計の自由度が高いとされています。
依頼する会社によって技術や品質に違いがあるため、依頼の際は過去の実績や保証についても確認すると良いでしょう。
違いを理解した上で自分の理想とする新築一戸建てを実現してくれる、依頼先を見つけることが大切です。

低予算でも購入できるローコスト新築一戸建て

ローコストで新築一戸建てを購入するには、以下のような方法があります。
都市部に比べて地方には土地価格が安い場所が多く、また建築費も低くなる傾向があります。
都市部から少し離れた地方で物件を探すことで、予算をおさえることができます。
プレハブ住宅は工場で部品を作り、現地で組み立てる方法で建てられる住宅です。
工場生産によりコストを削減することができます。
施工期間も短縮されるため、工期中の費用も抑えることができるでしょう。
内装の素材をシンプルなものにすることで、コストを抑えることができます。
例えばフローリングや壁紙は無地のものを選ぶことで、コストを削減することにつながります。
ハウスメーカーや工務店で提供される、一定の範囲内で建てられるプランニング済みの住宅を選ぶことで、建築コストをおさえることができます。
プランが用意されているため建築プロセスもスムーズに進めることができるでしょう。
これらの方法を組み合わせることで、低予算でも購入できるローコスト新築一戸建てを手に入れることができます。
ただし予算が優先される場合は、施工品質やデザイン性などに妥協する必要がある場合があります。

新築一戸建てを購入すると発生する税金

新築一戸建て住宅を購入すると、本体価格に加えて仲介手数料や住宅ローンの事務手数料など、さまざまな費用が発生します。
さらに、公的な費用である税金の支払いも必要になります。
新築一戸建て住宅の購入と同時に発生する税としては、印紙税・登録免許税・消費税の3つがあります。
このうち印紙税は売買契約書の締結に伴うもので、収入印紙を購入して書面に貼付することで納付します。
次の登録免許税は、登記所に支払う手数料のようなものです。
新築一戸建ての場合は、新しく建てられた不動産の所有権が自分にあることを公的に証明するため、所有権保存登記と呼ばれる手続きが必要になります。
最後の消費税は、日常的な買い物の場合と同様、住宅という商品を購入したことによって発生します。
税率も一般的な物品と同じですが、土地は非課税なので建物のみが対象となります。
その他、購入した後に発生するものとしては、不動産取得税と固定資産税・都市計画税があります。
このうち不動産取得税は購入した際に1度だけ課税されますが、後は毎年納付が必要になります。

新築一戸建ては購入価格だけではなくメンテナンス費用も考えよう!

多くの人の夢としてマイホームの購入を挙げることができその夢を実現するために皆一生懸命働いてますが、一生に一度の買い物だと考えた場合様々な面で慎重になる必要があります。
建売住宅の場合は仕事先からの距離を考えそれに見合った価格なのかどうかを確認しなければなりませんし、注文住宅の場合には家を建てる不動産の値段をチェックする必要があるので大変です。
新築一戸建ての家を買うことを考えている場合には購入価格を確認して判断する人が大半ですが、それだけではなくメンテナンス費用も重要な要素になってきます。
もちろん購入価格は大切でどれぐらいの価格で販売しているのかその点に力点を置くのも間違いではないのですが、後々のことを考えたらメンテナンスにかける費用もかなりの額に上ります。
新築一戸建ての家を購入するのは夢があり建売住宅にするか注文住宅にするかで迷うこともありますが、その他にかかる費用についてもよく考えた上で物件を選ぶことが大切です。

越谷で中古建てを購入するに関する情報サイト
新築一戸建ての基本を知りたい!

当サイトでは新築一戸建てについて、基本から解説しています。マイホームは新築と中古のどちらが良いのか迷うことも多いかもしれません。そのような場合に、判断材料とすることができるでしょう。さらに新築の一戸建てを選びたくなるメリットに関してもご紹介しています。中古にはない新築ならではの魅力が伝わるはずです。新築は金銭面で不安を感じることもあると思われますが、注文建築と比較すると比較的安い建売の一戸建てを選ぶこともできます。

Search